RECRUITING SITE
ENTRY

INTERVIEW

社員紹介

愛されるブランドであり続けるために、
必要なのは最後まで考え抜くこと。

ナショナル社員

古嶋 克也

ダイアナ事業部 部長
1995年入社

Q現在の仕事内容について教えてください

ダイアナ事業部は全国に約60ある店舗を8つの部門で編成しています。それらを統括するのが私の役割であり、各部門を管轄するジェネラルマネージャーと連携し、事業部としての施策を各店舗に浸透させることが求められます。ダイアナでは販売、サービス、教育、業務など様々な視点から施策を進めていますが、最も大切なのは“お客様にダイアナブランドの商品をご愛用いただくこと”だと考えています。そのためには店舗スタッフから「お客様のリアルな声」を聞くことも重要です。店舗の情報を本社各部署に伝えると同時に、各部署の情報を店舗に伝える。ブランド全体がより良い方向に進んでいくため、お客様のニーズを具現化するパイプ役も統括する立場としての大事な役割の一つと言えます。

Q仕事をする上で大切にしていることはありますか

仕事をしていると「決断する場面」に出くわすことがあります。その時に私が大切にしていることは「最後まで考え抜くこと」です。もちろん迷う場面も多々ありますが、そのような時に必ず意識していることは“お客様に対する最善は何か”ということです。迷いが生じた際は一度立ち止まり、会社だけでなくお客様の立場からも想像し、双方にとってベストな結果になるよう考えます。もちろん中には自分の知識や経験だけでは決めきれない内容もありますが、その際は社内の専門的な部署の意見も参考に決断します。私にとって最後まで考え抜き、納得のいく決断をするには周りの協力が必要不可欠です。そのため日頃からのコミュニケーションと意思疎通を図ることが重要と考え、時間の許す限り各部署や事業部関係者はもちろん、様々な社員と話すことも大切にしています。

Q今後の目標があれば教えてください

ダイアナは60年以上の長い歴史の中でブランド力を築いてきました。私の現在の目標は、これまでブランドとして培ってきたものを後輩たちの世代に繋ぎ、10年後、20年後のダイアナを今よりも更に“さすが”、“圧倒的”と言われる魅力的なブランドにしていくことです。レディースシューズという分野においてトップブランドとして認知され続けるために、お客様のニーズに対してさらに魅力的な商品や新しいサービスを提供すること、社員に対してもより働きやすい環境を整備していくことが私の責務だと考えています。その結果としてダイアナが親から子へ、そしてそのまた子へと世代を超えて多くのお客様に愛用していただけるブランドであり続けてくれたら嬉しいですね。

SCHEDULE

ある1日のスケジュール

9:15
前日の売上や社内共有情報、メールなどをチェックします
10:00
GM会議 各地の店舗に関して情報共有。指示の確認もします
11:00
午後の会議に向けて資料作成を行います
12:00
他事業部の社員と一緒に昼食。大事なコミュニケーションの時間です
13:00
出店しているSCの担当者と打ち合わせ。次回実施の催し物について意見交換
15:00
来シーズンに向けた商品開発会議
16:00
バイヤー会議、商品の追加生産に関する打ち合わせ
17:00
各店の売上報告や状況報告を確認し次回の催事に向けて情報を分析
18:00
退社

PREV

リージョナル社員

ショップスタッフ
2020年入社

INDEX

NEXT

ナショナル社員

商品開発室
2001年入社