RECRUITING SITE
ENTRY

INTERVIEW

社員紹介

進化し続ける「ダイアナらしさ」を、
かたちあるものに。

ナショナル社員

崎山 和美

商品開発室 室長
2001年入社

Q現在の仕事内容について教えてください

ダイアナの商品開発は、自分の作りたいものを作るいわゆるデザイナーではなく、お客様に求められているもの、必要とされているものを企画していく仕事です。具体的には国内外の市場調査を行い、世の中のニーズを捉え、コンセプトを策定。その後、デザインや素材、靴の木型などを具体的に絞り込んでいきます。ダイアナブランドには「エレガンス」「フェミニン」「カジュアル」「ベーシック」というカテゴリーがあるのですが、私がおもに担当しているのは「フェミニン」です。私個人の趣味やスタイルを具現化するのではなく、「フェミニン」なライフスタイルにふさわしい商品を提案するわけですから、つねに想像力を働かせ続けなければならない仕事だと言えます。

Q仕事をする上で心がけていることはありますか?

商品を開発するためには、「現在」のトレンドではなく、次シーズンやさらにその先の流行に関して緻密に予測し、全身のトータルコーディネートを組み立てた上で、靴の未来を描いていくことが求められます。ハイブランドの動向、流行色や新しい素材の情報など、海外のファッションも参考にしていますが、必ずしもそれが日本に浸透するかはわかりません。世界的には次のシーズンに絶対流行するとされているものも、「これ本当に日本人が履くの?」と言われてしまうようなことも、実はよくあるんです(笑)商品開発は確かな数値的な根拠に加えて、経験値をもとにした「勘」も試されます。その「勘」を頼りに、例え反対意見があってもこれだけは絶対に商品化しないといけないと世に出した商品がヒットしたときは、意志を貫いてよかったとホッとする瞬間もありますね。トレンドとお客様が求めているものをミックスさせ、ダイアナでなければ表現できないものを考えること、お店に行けば何か新しいもの、楽しいものがあると思ってもらえるコレクションを作ることが使命だと考えています。

Qどんなところにこだわりを持って働いていますか

私はもともと接客に興味があってダイアナに入社しました。今でもセール時のヘルプなど店頭に立つ機会があるのですが、リアルなお客様と接すること、服装やどんな靴を履いているのかを見ることは、商品企画に大いに役立ちます。例えばこのネイビーはもう少し暗い方が合わせやすいとか、このクッションは良いけど厚すぎる、などかなり細やかなご意見をいただけるんです。そういった声は大事にしています。と同時に、店舗に出向くことはスタッフとの交流という意味でも貴重な時間です。これは持論ですが、商品開発という仕事は社内である種の「憧れ」を持ってもらってはじめて機能すると思います。スタッフも作った人のファッションセンスがないと思ったら、商品自体も魅力的に見えないし、お客様にお勧めできないですよね。だから、常にアンテナを張って感性を高めていかなければと思っています。

SCHEDULE

ある1日のスケジュール

8:00
通勤途中に仕事スイッチON。子どもを保育園に送るなど、朝はバタバタなので、電車の中でメールや伝言をチェックし返信してしまいます。
8:40
出社してまずはひと息。コーヒーを飲みながら売上をチェックします。残業はできないので始業よりも少し早めですが、やり残したことがあればこの時間に終わらせてしまいます。
10:00
部内ミーティング。次の次のシーズンのモデルを、各担当者がデザイン画でプレゼン。部内全員で検討します。
13:00
メーカー打ち合わせ。モデルのサンプルを見せてもらい確認。修正があれば伝えます。
14:00
別のメーカーと打ち合わせ。納品直前の商品を検品。素材や縫製など細かくチェックします。
15:00
企画したモデルを社内のシステムに登録する作業を行います。
16:00
外出し、メーカーに足を運びます。工場で商品の現物を見ながら打ち合わせをします。
18:00
帰宅。保育園の迎えがあるので必ず定時で帰ります。

PREV

ナショナル社員

ダイアナ事業部
1995年入社

INDEX

NEXT

ナショナル社員

商品部
2003年入社