RECRUITING SITE
ENTRY

仕事を知る

仕事紹介

ショップスタッフ

  • ナショナル
  • リージョナル

各店舗における販売を受け持ち、トータルファッションの観点から、お客様のニーズを的確に把握し、お客様に最適な商品を提案する仕事です。また店舗は「マーケティングの拠点」であり、商品企画や販売戦略に生かすための情報を受信する役割も担っています。また、キャリアを積むにつれお客様への提案の他、スタッフの育成、店舗運営と仕事の幅も広がります。

ショップマネージャー

  • ナショナル
  • リージョナル

店舗の品揃えや売り上げ管理、販売促進、販売スタッフ教育など、店舗運営に関する全責任を担います。地域特性やファッショントレンドを把握し、適切に店舗運営に反映させる力が求められます。

ブランド事業統括

  • ナショナル
  • リージョナル

店舗を様々な面からサポートします。本部と店舗双方の視点を持ち、課題の解決や施策を実施していきます。ブランドの方針を店舗に浸透させるとともに店舗のリアルな声を拾う、両者の懸け橋となる存在です。店舗のショップマネージャーをさまざまな側面からサポートし、目標達成を推進します。

商品開発

  • ナショナル

各ブランド別に市場調査に基づいてコンセプトを策定し、素材やデザインなど総合的にプランニングします。海外の見本市や展示会などで新たなトレンドをつかむのも仕事のひとつ。オリジナリティーを活かすために顧客ニーズやトレンドへの鋭敏な反応、情報収集力やマーケティング能力が必要とされます。

バイヤー

  • ナショナル

ダイアナオリジナル商品を国内外の工場に発注します。各店舗の要望や売れ筋の傾向を把握し、商品素材の選定、商品配給、商品交流などを行い、店舗それぞれに対応したマーチャンダイジングを手がけます。また、高品質で他では見られない商品を海外から買い付けることも仕事のひとつです。

店舗開発

  • ナショナル

マーケティングに基づいた店舗展開計画に沿ってショップコンセプトを構築し、地域の特性に応じた新規出店や既存店のリニューアルを手がけます。いかにお客様が買い物をお楽しみ頂けるか、そしてショップスタッフが快適に過ごすことができるか、多角的な視点で、二つとない店舗という舞台をつくり上げていきます。

セールスプロモーション

  • ナショナル

各種メディアを駆使した広報の展開、雑誌への広告出稿やマスコミに向けた新作発表会の企画運営を行っています。また、店舗でお客様に効果的に商品を訴求するためのキャンペーンやフェアの企画立案、ディスプレイの演出など、店舗における販促活動も担当します。

プレス

  • ナショナル

雑誌やTV、WEBコンテンツなどのメディアに携わるスタイリストや編集者への接客を行います。企画のテーマに合わせたスタイリングの提案を行う中で、ダイアナのこだわりを伝えることも大事な仕事です。また、プレス会見(展示会)を開催し数々のメディア関係者へシーズンのテーマと商品を告知することもプレスの役割の一つです。

新業態開発

  • ナショナル

既存の商品やブランド、事業とは異なる新業態の立ち上げと、SNSの運営など新しい分野への取り組みを行っています。仕事内容は商品構成から発注、販促、店舗管理、SCに対する営業など多岐にわたり、これまでのダイアナブランドにはない、新しいブランディングを行っています。

CS向上推進

  • ナショナル

さらなるCS(Customer Satisfaction:お客様満足度)向上を実現するために社員の教育を行います。研修や各店舗の接客指導、社外・社内ロールプレイングコンテストの計画・立案や参加者の指導を通じて、お客様の本当のニーズ、似合うもの、使いやすいものを見つけ提案できるスタッフを育成し、「お客様に喜んでいただける接客」の実践をサポートします。

web Shop

  • ナショナル

国内向けオンラインショッピングサイト「dianashoes.com」、海外に向けた「GLOBAL WEB SHOP」の運営を行っています。購入された商品の正確で迅速なお届けなど、インターネットを通じたCS向上に取り組んでいます。また、店舗や雑誌広告との連動性を高めるサイトづくりを実践し、ブランド認知度の拡大を図っています。

人事

  • ナショナル

社員にとって働きやすい環境を整えることが主な仕事です。人事採用ではダイアナが求める人材の採用活動を進めるとともに、社員の成長をバックアップしていくことが欠かせない仕事です。

業務

  • ナショナル

情報システムをフルに活用し、全社の売り上げや商品動向などをリアルタイムに把握、管理するシステム企画室のほか、総務、経理、会計を行う事務管理部門に分かれ、ダイアナグループを力強く支えています。